fc2ブログ

塩ログ〜/var/log/syolog〜

自分の知識の保存と共有のために

Xubuntuが突然動かなくなった…?

タイトルの通り、うちのメインPCが動かなくなって2,3日くらい何も出来なくなった(現在は復旧済み)。
今後の運用に関わる部分もあるので、備忘録として残しておく。

発生事象

ある日、バックグラウンドでの自動更新に失敗しているという事象が発生。
原因はシステムのディスク容量が足りないことで、さすがに20GBそこそこでは足りなくなってきたらしい。
アップデートできないだけならいいものの、ブラウザすら立ち上げられない、viが動かない、Tabキー補完すら出来ないという異常事態なので、かなりイレギュラーではあるがパーティションをいじって/homeに割り当てた領域を20GBほどシステム側に加えることで、対処することにした。
(一応、次のLTSがあと4ヶ月ほどで出るはずなので、それまでの繋ぎだからね。)

対処の流れ

GPartedで、(1)/homeを縮小→(2)/を40GBに拡大→(3)隙間があったので/homeで埋めるの手順で実行。夜寝る直前くらいに始めて長いこと掛かりそうだったのでそのときは就寝。
起床後、結果を確認してみるとどうやら、(3)の操作に失敗してしまった模様。なんとかなるかなあって再起動してみたら、ログイン画面でループする謎現象。パスワード入れてもまたパスワード入力を求められる…。
別のttyからCLIログインしたら、一応動いてはいるようだが、startxコマンドでGUIを立ち上げようとするととたんにうまくいかない。メッセージにあった「loading extension glx no protocol specified」辺りで検索してもいい答えが見つからなかった。
結局、再度GPartedで/homeの定義を行ったら、今回は直った。
めでたし、めでたし

まとめ

今回の教訓としては、
  1. システム領域(/パーティション)は最低でも40GBは欲しい。
  2. システムのバックアップは取っておく
  3. エラー状態のまま放置しない
1については、とりあえず20GBくらいでいいって言ってるところがあるけど、普段使いのGUIメインの運用だと、20GBじゃ足りないと思うんだ…。いろいろ面白そうなソフト入れたら結構あっという間にパンパンだった。それにしても、システムだけで40GBとっちゃえるっていうのは、初PCが40GBだった身からすると贅沢だなあと思う。次のLTSのタイミングで128GBのSSDに乗り換えるかあって思ってたけど、容量的な意味でちょっと不安になってきた。
2については、/home下の設定や文書ファイルや画像ファイルもなんだけど、なによりインストールしたパッケージについての情報は一度取っといたほうがいいなと思う(改めてやろうとすると果てしなくめんどくさいので。
以下のコマンドで、入れたソフトのバックアップとか復元がお手軽にできるらしい。
#バックアップ(/tmp/test.txtに書き出し)
dpkg --get-selections > /tmp/test.txt
#リストア(/tmp/test.txtを使用)
dpkg --set-selections < /tmp/test.txt 
3については、言うまでもないよね…。fsckしとけと。

(2016/08/28追記)
16.04に新規インストールの際、上記のバックアップとリストアで環境を移行しようとしたけど、リストアに失敗した。 コマンドで環境構築を楽に出来るかと踏んでたが、結局は何入れてたっけ?っていうののメモ書き程度にしかならない模様…。
スポンサーサイト